組織と人を活かし、サポートすることが三浦フラワー社会保険労務士事務所のミッションです。

メンタルヘルス対策

  • HOME »
  • メンタルヘルス対策

職場のメンタルヘルス対策

2015年12月労働安全衛生法の改正により50名以上の事業所はストレスチェックが義務化されております。義務化されたからと言って本来の目的を見失ってストレスチェックをすることだけに絞っていると会社が混乱します。正しい手順で職場のメンタルヘルス対策を実施することがとても大切です。精神疾患者が出たからと、形だけ対策をとっても意味がありません。

最近ではブラック企業認定制度も始まっており、精神疾患による労災が重なるとブラック企業の名簿に載り、さらに悪質な場合は厚生労働省から公表されてしまいます。ブラック企業として公表されてた企業はいろいろな面で弊害が出てきます。採用ができない、人が辞めていく、取引停止、補助金もらえない、最終的には企業活動が続けることが困難になるリスクすらあります。こうしたリスクを回避するためにも、職場のメンタルヘルス対策は重要です。

精神疾患と一言で言おうとしても、いろいろと種類があり、対策も難しくなってきています。うつ病、発達障害、パーソナリティー障害などの社員をどのように職場で活用していくかということも労務管理の一環で取り組まなくてはならない時代になりました。ただ、こうした対策をこれまで講じてこなかった企業が単体で実施していくことは極めて困難で、大きな問題となってから慌てて対策をとろうとして手遅れなどということも起こりえます。当事務所では企業のメンタルヘルス対策をサポートしながら心の健康づくり、会社の活性化を提案しています。

中小企業こそメンタルヘルス対策を!

メンタルヘルス対策は、企業のリスクマネジメントの一つとして取り組まなければならない重要な課題となっています。
事業主は、従業員の健康を確保し、職場の安全に配慮するという「安全配慮義務」という法的な義務の中で、過労や職場環境の問題を解決していく必要があります。

対策を怠たり、過労自殺と認定され従業員が亡くなった場合「安全配慮義務」違反として訴訟になる場合もあります。その場合は勝てる見込みはまずありません。敗訴になると高額な損害賠償を支払うこととなるばかりか、裁判に費やす費用や時間、風評被害などを考えると企業にとってもマイナスは計り知れません。

こうした事態を回避するためにも、中小事業こそ継続したメンタルヘルス教育を行うことによって、従業員、また管理監督者にもメンタルヘルス不全者を出さない職場にすることが一番の方法なのです。

私たちのできること

心の病を未然に防ぐには企業で働く社員一人ひとりがメンタルヘルスに関する正しい知識を持ち自分自身のストレスに適切に対処できるようになることが大切です。
会社側としては労働者に対して繰り返し教育・情報提供を行い、ストレスへの気づき、ストレスの予防や対処の方法などについて知識をもつように啓蒙し、メンタルヘルスに対する意識を高めていくことが大切です。

ただし、企業のサポートといっても無限ではありません。企業の本来の目的は利潤の追求です。
メンタルヘルス対策を行っていく場合、企業として社員にどこまで支援していけるかということをはっきりさせることが重要です。

▼社内ルールの明確化
会社としてはまず整備しておくべきことは就業規則に休職事由を規定していくことが必要です。
企業の人事労務管理において就業規則の整備は必要不可欠ですが、それはメンタルヘルス対策においても同様です。

うつ病などで休職する場合でも、休職期間中の処遇や休職期間の延長などについてきちんと明確にされていた方が、安心して休養に専念することができると思われます。就業規則の整備は企業にとっても、企業で働く労働者にとっても大切なことなのです。こうしたルール作りは、社会保険労務士にお任せください。。

▼繰り返しの教育・情報提供しましょう!
社員個人のストレス対処能力を向上させるには、社員がメンタルヘルスに関する正しい知識を持ち自分自身のストレスに適切に対処できるようになることが大切です。

教育は一度行ったら終わるというものではありません。毎年新入社員が入ってきたり、新しい情報などがあるため、繰り返し行っていく必要があります。そうした繰り返しの対応を図ることで、ストレスの予防や対処の方法などについて知識をもつように啓蒙し、メンタルヘルスに対する意識を高めていくことが重要となります。こうした教育や対応について日々の業務をこなしている人事担当者のみで行っていくことは非常に困難です。社会保険労務士は、人事の担当者をフォローしながら企業をお助けしていきます。

 

メンタルヘルスチェック

ストレスチェック制度は、厚生労働省により、平成27年12月1日にスタートしています。
定期的に労働者のストレスの状況について検査を行い、個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減させるとともに、検査結果を集団ごとに集計・分析し、職場におけるストレス要因を評価し、職場環境の改善につなげることを目的にしています。

当事務所では、一般的な病院等の半額程度(1時間3,500円)で実施しておりますので、お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 046-807-6620 営業時間 10:00~19:00

アクセス

三浦フラワー社会保険労務士事務所
〒238-0104
神奈川県三浦市南下浦町松輪1506
営業時間 10:00~19:00
電話 & FAX  046-807-6620

  • facebook
Copyright © 三浦フラワー社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.